MENU

フォアダイスにはヨクイニンが効くって本当?

男性性器の亀頭部分にブツブツができる症状のなかで、フォアダイスというものがあります。ペニスにブツブツができるというと、性病である可能性が高いのですが、このフォアダイスに限っては病気ではありません。このブツブツは皮脂腺で、わかりやすく言うと毛穴が詰まって盛り上がってブツブツになっている状態なのです。病気ではないので、他人に感染させる心配などなく、治療の必要もないのですが、見た目が良くないので取りたいという人も多いようです。取る場合は、包茎手術を行っている外科で除去手術を受けるのが一般的ですが、手術をしないで薬で治療する方法もあります。治療薬として使われるのはポドフィリン液、ブレオマイシン軟膏、ベセルナクリーム、ヨクイニンなどです。ポドフィリン液は樹液を精製した薬、ブレオマイシン軟膏は抗がん作用のある軟膏、ベセルナクリームは尖圭コンジローマの治療薬です。ヨクイニンはハトムギの種子を原料にしたものです。ヨクイニンは漢方薬として広く使われているもので、イボを取ったり、肌荒れを直したりする効果があります。フォアダイスを治療する薬の中では、ヨクイニンは自然由来の成分なので比較的安全だと言えるでしょう。効果があるかどうかは別として知っておくと良いでしょう。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら