包茎手術の当日に準備する物

MENU

包茎手術の当日に準備する物

思春期を過ぎたあたりから自分が真性包茎だということがコンプレックスになっていて、今回初めて勇気を出して、クリニックで包茎手術を受けることにしました。最初は恥ずかしくてなかなか電話をかけることができなかったので、まずはメールで相談をしてみたのですが、親切で丁寧な回答をもらえたのでこのクリニックにしようと決めました。包茎手術を受ける前に、カウンセリングを受けて相談をするという手順があるのですが、男性のスタッフしかいないクリニックを選んだので、当日もリラックスして色々と気になっている事を相談することができました。手術の当日に準備する物なども、このカウンセリングの時に聞いておいたのですが、担当のカウンセラーさんはとくに準備する物はないとおっしゃっていました。とくにないとは言っていたけど、カウンセリングの時に、包茎のタイプが真性包茎やカントン包茎の場合には、医療保険の適用がされる場合があるので、準備する物として保険証を念のため持っていく事と、もし医療ローンを使う場合にはそのローンに必要な書類などは持って行った方が良いと思いました。カウンセリングの時にも思ったのですが、クリニックは完全予約制のところを選んで本当によかったなと思いました。というのも、手術の当日もカウンセリングにも、他の患者さんと顔を合わせて気まずい思いをしないように、クリニックごと貸し切りの状態にしてくれていたからです。包茎手術というと、男にとっては恥ずかしい性質の手術ですから、女性は勿論のこと、同じ男性でもなるべく知り合いにはバレたくないですから、その点の配慮はありがたいなって思いました。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら