日本人の包茎の割合はどのぐらい?

MENU

日本人の包茎の割合はどのぐらい?

包茎をコンプレックスに思っている人は多いでしょうが、実は日本人のほとんどが包茎だって言われています。実際にどのぐらいの割合なのかが気になりますね。はっきりとしたデータは出ていないものの、日本人男性の6割から7割が包茎だと言われています。包茎には真性、仮性、カントンの種類があり、7割以上の男性がそのどれかにあてはまっています。そのうち一番多くの割合を示すのが、仮性包茎です。仮性包茎は手で皮をむくのも容易で、勃起をしてもスムーズに鬼頭が露出します。普段お風呂のときなどでしっかりと洗っていれば、垢が溜まって不潔になることもありません。仮性包茎は外国の男性にも多く、炎症などを起こしていない限りは手術を要するものではないのです。ただし、真性やカントンの場合は炎症などの心配があるので、手術を検討する必要があります。日本人の7割が包茎だと言われていますが、その割合はいまいち信憑性に掛けます。実際に身の回りで常時むけている人を見たことがないという人も多いですよね。ですから実際にはもっと割合が多く8割、9割とも考えられるので、亀頭に皮が被っていること自体はそれほど気にすることはないということが言えるでしょう。問題はその状態で、勃起をしてもむけなかったり、無理やりむいた皮が鬼頭下で強く締めつけたりしていることです。仮性でも真性に非常に近く、なかなかむけにくくて雑菌が繁殖しやすい状態の人は気を付けましょう。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら