剥き癖をつけて仮性包茎を治す

MENU

剥き癖をつけて仮性包茎を治す

真性包茎やカントン包茎の場合には、包茎手術というと余分な包皮をカットして亀頭を外に出すという方法が一般的ですが、仮性包茎の場合には、自力で剥けば亀頭を出すことができるので、剥き癖をつけるという治療方法を選ぶこともできます。剥き癖をつける方法は、自宅で輪ゴムやサージカルテープなどを使って、地道に包皮を亀頭の手前で固定をしてクセをつける方法もありますが、クリニックや美容外科などでも治療を受けることができ、包皮をカットするような「切る包茎手術」に対して、一般的に「切らない包茎手術」などと呼ばれているようです。クリニックで受けることができる、切らない包茎手術には、剥き癖をつける方法だけではなく、体にうまっているペニスを体の外に引っ張り出す長茎術と呼ばれる手術や、亀頭にシリコンなどを注入して大きくし、包皮が亀頭にかぶさらないようにする手術、そして亀頭のカリの下部分に包皮を縫い付けて固定し、包皮が亀頭にかさならないようにする手術などがあります。剥き癖をつける方法というのは、包皮が薄く、比較的軽い仮性包茎のタイプの方であれば、自宅などでも簡単にできる事もあるのですが、包皮が厚く長いタイプの方はなかなか剥き癖をつけるのが難しいケースも多いようです。仮性包茎の人の場合は、包皮をカットする必要が必ずしもあるばかりではないですし、切除をするにはそれなりにリスクがある事ですから、個別のケースに応じて、クリニックで医師にしっかりと相談をして治療方法を検討していくようにしましょう。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら