MENU

フォアダイスとヘルペスの違いが知りたい!

性器にブツブツがあることに気づいたら、誰もが性病を疑うことでしょう。性病は泌尿器科で診てもらえば、どんな病気かすぐに診断して治療してもらえますが、泌尿器科に行く前に何の病気か、病院に行く必要があるのかということが気になるのではないでしょうか。性器にブツブツができた場合、いろいろな性病が考えられます。水ぶくれのようなブツブツができている場合は、性器ヘルペスの可能性があります。ヘルペスのブツブツは水泡ですから、下着などに擦れると潰れて中から水が出てきます。水泡が潰れると皮膚が破けるわけですから、入浴時にお湯や石鹸がしみて痛みます。ヘルペス以外にも、コンジロームやゼンダニといった性病が原因でブツブツが出来ることがありますが、フォアダイスだけはブツブツが出来ても性病ではありません。フォアダイスは皮膚の奥にある皮脂腺が詰まったものが表皮を通して見えるもので、性病ではなく生理的な現象なのです。そのため、フォアダイスの場合は治療の必要がありませんが、その他の病気の場合は人に感染させる恐れがあるので、泌尿器科を受診する必要があります。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら