包茎手術後に自慰行為で勃起しても良いのはいつから?

MENU

包茎手術後に自慰行為で勃起しても良いのはいつから?

包茎にも、「真性包茎」「カントン包茎」「仮性包茎」といった感じで種類があります。真性包茎とカントン包茎の場合は、恥垢が溜まりやすくなったり、性行為の時に痛くなったりと、様々な支障を来たすので、包茎手術をすることが望ましいですし、仮性包茎の場合は、性機能的には問題はありませんが、どうしても気になる場合は、包茎手術を受けることができます。包茎手術は、それほど大きな手術ではありません。しかし、「ペニス」という性生活に欠かせない部分を手術することになるので、包茎手術後の性生活において、気を付けなければならないことがあります。性生活といえば、自慰行為(オナニー)は相手がいなくてもできることですし、性的欲求を満たすためには必要な行為なのですが、包茎手術後しばらくの間は、自慰行為によって勃起を促すことは避けましょう。勃起することで、ペニスに強い痛みを感じる恐れがあり、手術を受けてから日が浅ければ浅いほど、勃起時に感じる痛みは強まる傾向にあります。痛みを感じるのは、特に異常というわけではないのですが、やはり辛いと思いますから、包茎手術後大体1か月程度は、自慰行為によって勃起することは避けましょう。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら