包茎手術後の傷口の痛みは痛み止めで対応する

MENU

包茎手術後の傷口の痛みは痛み止めで対応する

包茎の悩みの解消に有効なのが、「包茎手術」ですよね。ペニスにメスを入れる方法もあれば、メスを入れない方法もありますが、いずれにしても、今まで悩みのタネであった包茎とさよならできる手術です。包茎手術自体は、それほど大きな手術ではないので、日帰りで受けることもできますし、抜糸の要らない糸で縫合した場合や、患者さん自身で抜糸ができるような場合は、その後通院する必要がありません。一般的に抜糸が要らない溶ける糸を使用する場合は治療費が高くなる傾向にはあります。中には変わらないクリニックもあります。ですが、高い確率で傷口は痛みます。手術をしている最中は、もちろん麻酔が効いているので痛みは感じませんし、ペニスの感覚も麻痺しているのですが、手術を終えて時間が経つと、徐々に麻酔の効果も切れてきます。すると、傷口に鈍い痛みが走るようになります。包茎手術後の痛みの程度に個人差はありますが、医療機関から痛み止めを処方されるので、痛みが気になるのであれば、医師の指示に従って痛み止めを服用して対応することができます。大体2週間程度で痛みは治まってくると言われているので、それまでの間は痛み止めで様子をみて、もし気がかりなことがあれば、医療機関に相談するようにして下さい。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら