性行為と自慰行為は包茎手術の1か月後からOK

MENU

性行為と自慰行為は包茎手術の1か月後からOK

包茎によって、男性としての自信が持てなかったり、包皮と亀頭の隙間に汚れが溜まりやすかったり、悩んでいる方もたくさんいると思います。そんな時に、包茎手術を受けることを考えるのではないかと思うのですが、包茎手術は「手術を受けたらそれで終わり」ではありません。手術後の生活も気を付けなければ、包茎でない状態の完璧なペニスを手に入れることはできません。包茎手術を受けた後、大体1か月くらいの期間禁止されるのが、「性行為」と「自慰行為」です。手術を受けて間もない頃に性行為や自慰行為をしてしまうと、引っ張られたような痛みを感じる恐れがあります。また、性行為や自慰行為によって、傷口から雑菌が入り込み、傷口が炎症を起こす可能性があります。そして、忘れてはならないのが、性行為も自慰行為もペニスに刺激が与えられるということです。包茎手術後のペニスには傷がありますから、性行為や自慰行為によって摩擦を受けた影響で、傷口が開いてしまうようなことも考えられます。1か月も禁欲するというのは、かなり辛いことかもしれません。ですが、1か月後であれば、性行為も自慰行為もOKです。先ほどお話ししたような理由からも、手術後1か月程度は性行為・自慰行為共に避けるようにし、性行為や自慰行為は1か月後から楽しんで下さい。パートナーがいる場合は、「性行為は1か月後から」ということを伝えてあげて下さいね。

【フォアダイス除去の詳細】
フォアダイスの治療除去はこちら